進学先が多様に選べる|資格の重要性【公認会計士を目指すなら大学や専門学校を利用しよう】

資格の重要性【公認会計士を目指すなら大学や専門学校を利用しよう】

進学先が多様に選べる

電卓

かかる費用が大きく変わる

保育士になるには、短大や四年制大学で、保育について学ぶ必要があり、そのような学校は全国に400近く存在しています。学校によって、学費や就職先が変わってくるため、将来のことを考えて進学先を決めることが大切です。今、保育園で保育士として働いている人に多いのが、幼児教育科などがある短大で保育士資格を取っている人です。短大では、二年間で必要な単位をすべて取得するため、授業のスケジュールが詰まっていたり、休みの日は実習が入ったりと、大変忙しいと言われています。しかし、ほとんどの人が二年間のカリキュラムを無事に終えて資格を取得していることから、無理なく学生生活を送れると考えられます。また、ピアノや絵画など、必要な実技の練習を早めに初めておくと、実技試験に苦労することなく、二年で卒業できるようです。私立の保育園で、保育士として働こうと考えている人は、短大へ進学して、早いうちに社会人として働いておくと、経験が積まれて将来のためになると言えます。国公立大学や四年制大学でも、保育士の養成を行っているところがありますが、こちらは短大と比べると偏差値が高く、難関と言われています。しかし、短大と異なり、専門的に保育について学ぶことができるため、より深く勉強したい人にお勧めです。また、保育士以外にも、小学校教諭や幼稚園教諭の免許が取得できる大学も多く、将来、幅広い働き方ができる可能性があります。私立の大学は国公立より学費が高くかかる可能性があり、受験の際は家族とよく相談することが大切です。また、公立の保育園で働きたい場合は、自治体が実施する公務員試験に合格する必要があり、専門学校で学ぶ場合はさらに学費がかかります。一口に保育士と言っても様々な働き方があり、どういった働き方をしたいかで、学費や学習レベルが変わってくることを念頭に置いておく必要があります。