資格の重要性【公認会計士を目指すなら大学や専門学校を利用しよう】

いろいろな働き方が可能

保育士

進学先で働き方が変わる

子供が好きな人に人気の職業である保育士になるには、国家試験に合格するか、保育について学べる学校や施設で、必要な単位を取得することが必要です。保育士を養成する大学や短大は、全国にたくさんありますが、どの学校へ進むかによって、学費や将来の働き方が大きく変わってきます。全国に、「こども発達学科」や「幼児教育学科」のように、保育について学べる学校は、私立から国公立、短大まで、400近くあります。数多くある学校の中で進学先を考える時は、その学校で取れる保育士以外の資格について調べておくことが重要です。例えば、ほとんどの学校で、必要な単位を取得すると、幼稚園教諭の資格を取得することができ、また大学によっては社会福祉士や介護士の資格を取れるところもあります。漠然と、「保育園で働こう」と考えるのではなく、「どういった働き方をしたいか」という将来像をイメージすることが大切です。将来像が決まったら、それに合った学校を探し、偏差値や学費、資格が取れるまでの年数を調べておくことが必要です。私立短大だと、学費が多くかかってしまう場合があり、また二年間ですべての単位を取得する必要があるため、在学中はたいへん忙しくなることが予想されます。特に、ピアノを習ったことがなく、これからレッスンをするという人や、絵画など他に特技がない人は注意しておく必要があります。保育士になるには、実技試験に合格したり、実技の単位を取得したりすることが必須ですので、できれば保育士を志した日から、音楽や絵の勉強をしておく方が得策です。また、「子供の発育について深く勉強したい」や「保育の研究や園長などスキルアップを狙っている」といった人は、四年大学に進むことをお勧めします。そのためには、高い学力が必要とされるため、普段から学習に励み、大学試験に備えておくことが重要です。