資格の重要性【公認会計士を目指すなら大学や専門学校を利用しよう】

将来に向けて学ぶ

男性

合格率するまでの段階

公認会計士とは、会計監査を独占業務とする国家資格です。そのために、公認会計士は会計の専門科として、監査や税務やコンサルティングなどを行います。公認会計士になるためには、試験に合格して国家資格を取得することが必要になります。そのためには、4段階の関門を突破する必要がありますので、とても難易度が高い試験といえるでしょう。まず第1段階は、毎年実施される公認会計士の筆記試験に合格することです。この試験の合格率は年によってかなり違いますが、10%前後になります。第2段階として、公認会計士や監査法人を補助することや、財務に関する監査、分析、その他の実務などの2年間の業務補助経験が必要になります。ただしこの実務経験は、公認会計士の筆記試験の合格前後は問われません。第3段階として、一般財団法人会計教育研修機構が実施する実務補習を受講する必要があります。この講習で、公認会計士としての業務内容や知識を身につけます。第4段階として、実務補修の修了試験である修了考査があります。この試験の合格率は70%前後になり、合格して初めて資格を取得して公認会計士として登録をすることができるのです。公認会計士が人気の職業である理由ですが、まず会社員よりも平均年収が高いことがあげられます。そして資格取得試験は、年齢や性別や学歴に関係なく誰でも受けることができるため、努力次第で公認会計士になることができるでしょう。公認会計士は独立開業も目指せる資格なので、非常に将来有望な資格だといえます。